もしハチをみつけたら|繁殖させる前にゴキブリ退治をして快適に過ごそう
ウーマン

繁殖させる前にゴキブリ退治をして快適に過ごそう

もしハチをみつけたら

男性

巣を見付けたら

毎年の様に被害報告がある蜂はハイキングなどする山や自然の多い場所にいると思われますが、現在は都市部でも大きな巣が発見されてます。都市部でも被害報告はあり、どこにでも危険はあります。蜂の巣を発見したら駆除すべきですが素人が行うと被害がでる可能性が高いです。蜂は巣を守る習性があり、不用意に近付くと敵と認識し、大勢で襲ってきます。大原則は見付けたら近付かない事です。確認する為に近付いてしまった場合、静かに後退る様に離れます。音を出したり走ったりすると刺激している事になり刺される危険性が増します。蜂の巣を発見したら、その土地の人に報告します。原則、巣をつくられた土地の所有者に責任があります。放置して通行人等に被害がでると所有者の責任になります。公共の場なら役所に、賃貸なら管理者に連絡します。もし自宅なら自力で駆除するか駆除業者に依頼する事です。

退治する手順

自宅に蜂が巣をつくると早急に駆除する必要があります。上記の通り、他者に被害がでると責任は自分が負うことになるからです。被害がでない内に対処する方法で、初期なら自力で可能ですが、大きくなったり危険な種類なら業者に依頼した方が安全です。自力でも業者でも行う手法は一緒です。防護服を用意し、殺虫スプレーをかけます。この時、スプレーをかけてから一定時間様子を観ることが必要です。スプレーをかけられた蜂は興奮状態になるので、襲われる危険性が高いからです。また、巣の中に残っている可能性もあるから、薬液が行き渡るまで近づくことは禁止です。後は巣を落としてごみ袋に入れる手順です。自力の際はここで終了する人が多いですが、巣をつくられたという事は、蜂にとってよい環境であった証拠です。再びつくられる可能性もあります。市販でも予防薬が手に入りますので、噴射しておくと再びつくられる可能性は減ります。